メニュー

昼間以外に学ぶ

女子学生

夜間専門学校なら、他の勉強をしたり学費を稼ぎながら専門的な勉強をすることも不可能ではありません。またサポートも昼間の学校と同じように受けられるので、就職や資格取得で不利になるようなことがなくてすみます。

詳しく見る

憧れの職業を目指す

デザイン制作

webデザイナーになるには、まず多くの場合は学校やスクールに通ってスキルを身につけます。教育機関は四年制大学から専門学校、社会人スクールや通信講座など様々で、自身のライフスタイルやキャリアプランに合わせて選ぶと良いでしょう。

詳しく見る

総合的な美容を学べる学校

メイクアップ

トータルビューティは総合的な美容サービスのことで、色々なところで需要があります。そのため、様々なところでトータルビューティを学べる専門学校があります。基本的にトータルビューティの専門学校は面接試験のところがほとんどです。さらに専門学校の詳細を知りたい方は体験入学会や資料請求をしてください。

詳しく見る

働きながら学べます

教室

経済的な理由などで進学できないと悩んでいる方は夜間の専門学校を検討する事をおすすめします。夜間の専門学校は学びと仕事を両立する事が出来るので学費や生活費の心配をせずに学ぶことができます。学費も昼間より安く分割する事も可能です。ぜひ検討してみませんか。

詳しく見る

webデザイナーのスキル

WEBDESIGN

webデザイナーになるには満遍なくスキルを習得するために専門の教育機関で学ぶ手法が普及しています。特に、専門性の高いコースは最新のソフトやプログラミングが学べ、この業界で必要性の高い仕事をこなせるようになるのです。

詳しく見る

総合的な美しさを学ぶ

エステ用品

学科の特徴とは

専門学校には様々な学科があり、ニーズの多様化に伴い設置される学科も細分化と多様化が進んでいます。近年登場し、増えつつあるのがトータルビューティー学科です。トータルビューティー学科とは、その名の通り総合的な美について学ぶ学科のことです。ヘアメイク、フェイスメイク、ネイル、モデル、エステ、インナービューティーなど、美しさに対して様々な角度からアプローチして学んでいきます。たいていの場合はさらにコースが細分化されており、一年次にトータルビューティーの基礎と基本を学んだうえで二年次からコースを選択するというパターンが多いです。専門学校のタイプとしては、美容師養成を第一に考えている学校かそうでない専門学校かでカリキュラムが大きく変わります。美容師養成が基本だった専門学校では、ヘアメイクが基本となって他のメニューを取り入れるというところが多いです。また美容師資格は希望すればとれるようにカリキュラムがあるので、就職を考えるのならば最も確実な専門学校といえるでしょう。そうではないタイプでは、ネイルやエステ、ブライダルといった別の角度からトータルビューティーを極めようとするところが多いです。資格取得を応援するところも多いですが、美に関する資格は美容師以外民間資格なので、就職サポートとしてはやや弱いといえるでしょう。ですがインターンシップを行っていたりユニークな講師を招いていたりと魅力も多いので、選ぶ価値もあるといえます。